行政書士試験ブログ!合格への裏道

行政書士試験合格への裏道教えます。行政書士試験や資格予備校の裏話、問題作成の裏話、そして、過去問解説から直前ヤマ当てなど。フラッグ行政書士講座が運営してます。

本試験お疲れ様でした。

受験生のみなさん、本試験お疲れ様でした。

思った以上に問題が解けた、または解けなかった・・・

思ったことはそれぞれだと思います。

フラッグの受験生からもメールが入り

出来たと思ったんだけど・・・解答速報をみたらがっかりした。

なんてメールが来てました。

私の経験からすると、意外とできなかったと思った時の方が、実は正解しているケースがあります。

それは、出来ないと感じる時は、それなりに問題の意図がつかめていて、結構高得点な場合があります。

出来ているからこそ、不確かな部分が気になるという心理状況ですね。

まあ、まったくわからないなんて場合もありますが、それは問題外ですね。

ただ、きちんと学習している受験生はそれなりに解けているはずですから、

もうひと踏ん張りということだと思います。

後は運も必要な場合もあります。

続けていけば、必ず良い時がくると思います。

正確な知識の取得が大切だと思います。

超直前期!

 皆さんこんにちは❗

 行政書士講座のフラッグです。

  今年の本試験が初めての方も、受験経験のある方も、この時期に大切なことは…

 イメージトレーニングであると思います❗

 例えば、本試験における時間配分です。

 差ほど余裕はありません❗そこでイメージトレーニングです。

 例えば、1問目や2問目でわざと時間のかかる問題を用意したりする事があります。

  そういった場合などの対応などを是非イメージして欲しいのです❗

  皆さんのペースをわざと乱そうとしているわけで、術中にはまらないような

 イメージトレーニング

  是非、良いイメージで本番を迎えられるように

  いざ、出陣


    ①ブログランキングに参加しています

 
にほんブログ村 資格ブログ
  

フラッグやまあて!

 皆さんこんにちは❗

 行政書士講座のフラッグです。

 もし、懲戒処分がなされた後に、取消訴訟を提起して執行停止の決定を受けることによって

 容易に、救済を受けることができるとしたら???

  という事ででしたが、その場合だったら差し止めの訴えを認める必要は、無いですよね!

  懲戒処分がなされた後に、取消訴訟を提起して執行停止の決定を受けることによって

 容易に、救済を受けることができるものではなく、処分がされる前に差し止めを命ずる方法に

 よるのでなければ救済を受けることが困難なものであることを要するとしました。

( 最判平成24、2、9) 


 ちなみにこの事件で判例は、毎年度2回以上の式典を契機として懲戒処分が、

 反復継続的かつ累積加重的にされていくと事後的な回復が困難になるとのことから

 「重大な損害を生ずるおそれ」があると認めました!


  最後の追い込み

 頑張って下さい


  
    ①ブログランキングに参加しています

 
にほんブログ村 資格ブログ
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
スポンサーリンク
アンケート
アンケート
  • ライブドアブログ