なぜかある一般知識。

専門家になるための国家資格になぜあるのでしょうか?

色々な専門家が色々なことをいっておりますが、はたして必要なのかは疑問があります。

ただ、受験生としては考えなければいけません。

どう対応するのか?

私事ですが、受験生だったころ、正直悩みました。

法令科目については、毎日の勉強により自信がありました

しかし、不安なのは一般知識、はたしてどうやったらいいもんかと・・・

で、やったことは読解問題をとくために、大学試験や高校入試などの読解問題を

といたり、漢字の書き取りをしたり、で、個人情報の問題も出ますので、関連情報を集めたり、

あとは新聞を読んだり。なんてことを繰り返しておりました。

しかし、その効果があったのかはまったく不明です。

これは正直な気持ちです。

やっぱり、これという対策はないと思います。

(これはあくまで私見ですよ)

いきなりの効果はなくても、やはり社会でおきている出来事には関心を持つしかないのでしょう。

そして、個人情報などは勉強しておく、で、足きりを何とかクリア。

あとは法令で挽回。

これが私の合格した時の作戦でした。

人それぞれ作戦は違うと思いますが、戦略的に試験にのぞんでください。

あとは、予備校で学んだ知識に絞って学習するのも手でしょうね。

正直、予備校で学習する一般知識も出るかでないかは分かりません。

出ないことが多いでしょう。

しかし、やみくもに学習しても、一般知識の範囲は無限大です。

はっきりいって、そこまでやったら無駄です。

ですから、何かに絞る。

それも、大切なことです。

効率的に考えましょう。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ