再度の掲載です。 


こんにちは、フラッグです 今日はヤマ当てです  民法の過去の記述式試験を見ていると、なんと総則からの出題がありません。 そこで、民法の総則から、ヤマを張ってみます

 総則で、一般的に出題頻度が高いテーマといえば、代理ですよね、そこで代理から一問

 
 子が、無断で父の土地を、父の代理人として売った後、子が死亡し、父が相続しました。この場合に、本人である父が、追認を拒絶できるかについて、以下の文章の、「  」に40字程度で埋めなさい。

 
 相続人である本人が、「        」 、被相続人の無権代理行為は一般に本人の相続によって当然に有効になるものではない。 したがって、本人は追認拒絶することができる。



 


 答え
 「 被相続人の無権代理行為の追認を拒絶しても、なんら信義則に反することはないから 」


 というわけで、有名なテーマである、無権代理と相続から出題されるのではないかとの予測の下に、ヤマを張ったしだいです 最判昭37,4,20 からの出題でした 当たるといいですね

 ではでは、皆さんがんばってください。

 
ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ