皆さん、こんにちは!

 行政書士講座のフラッグです。

 前回の答えです。

 結論から申し上げますと、協定の協力は、認められるというものでした。

 確かに、高裁の言う通り、知事の強化権に変更を加えるというのも一理ありそうですが…


 廃棄物処理法には、事業や施設の使用を継続すべき義務を課す規定はありませんし、

 事業の廃止や施設の廃止については、知事に対する届出で足りるとしています。

 要するに、止めるのは業者の自由というわけですね。


 ラーメン屋さんの許可が出ました。期限は、10年。

 ところで、3年で廃業しようとしたら???

 知事が、「許さん!!10年間ラーメン屋をやり続けろ!!」

 ラーメン屋さん、「お客さんが、来なくて赤字なんですよ!やめさせてくださいよ(泣)

 フラッグ、「やめるのは自由ですよね汗。」


 では、また、お会いしましょう!

 最後まで、頑張ってください!

 ①ブログランキングに参加しています

 
にほんブログ村 資格ブログ