本日は問12です。


この問題も正解したいです。


行政手続法の処分理由の提示に関する問題ですね。


判例の知識を問う選択肢もあるんですが、


条文の知識があれば正解が出せる問題になっておりますから


確実に正解しましょう。


行政法の問題は条文に関する問題が多いですから


正確な知識の習得に努めましょう。


正解は3の肢です。


問13ですが、この問題は聴聞に関する問題です。


この問題も確実にいきたいです。


聴聞手続において、主催者が行う事、行政庁が行う事をしっかり理解しましょう。


そして、聴聞の流れについても自分なりに図を書くなど工夫して覚えてください。

答えは4の肢です。行政手続法25条です。

行政法に関しては条文を覚えることが大切です。

ですが、条文を丸暗記することは難しいですから

手続の流れをおって、覚えていくとよいと思います。

問14はパスします。

この問題は正解できなくても影響ないと思います。

では、また・・・。