行政書士業

仕事が増えてくると、いろんなお客様がいらっしゃいます。

時には、あやしい相談内容も・・・

法令上、問題ありそうな話もあります。

また、いまいち信用できないお客様もいらっしゃいます。

話している内容がいまいちかみ合わない。

本当に大丈夫なんだろうか?

私の頭が良いわけではありませんが、

経験上、ピンときます。

これは、やばいな。

そんな時、プライドをもって対応すべきです。

時には断るのも仕事のうちです。

この仕事は、信頼関係があってこそ業務が遂行できるのです。

開業当初は、なんでも受けたいでしょう。

仕事したいですもんね。

でも、いやな目にあうこともあると思います。

それも経験かもしれませんが、

プライドを持って、専門家としての仕事をしたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・

お願い

行政書士は専門家じゃない。

プライドを持つほどの資格じゃない。

なんて、コメントはいりませんよ。

人それぞれ考え方が違いますから、

考えが違う人はスルーしてください。