行政書士試験ブログ!合格への裏道

行政書士試験合格への裏道教えます。行政書士試験や資格予備校の裏話、問題作成の裏話、そして、過去問解説から直前ヤマ当てなど。フラッグ行政書士講座が運営してます。

ヤマ当て記述

ヤマ当て!どれかあたって。

 皆さんこんにちは フラッグです。今日も民法記述式、ヤマ当てです。

 テーマは、債権者取消権で~~す。


 問題

 Bは、ACに対してそれぞれ金銭債権を負っていた。Bは、Cに対して負っていた債務のみを弁済した。

 Aは、BのCに対する当該弁済を詐害行為として取り消すことができるか??

 

 重要論点ですね 一部の債権者に対する弁済は原則詐害行為とはならない


 なぜですか??それは、弁済は義務行為だからですよね

 








 答え

 一部の債権者に対する弁済は、原則として詐害行為となならず、AはBのCに対する弁済を取り消せない。


 それではまたお会いしましょう。行政書士講座のフラッグでした。

 ①ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

フラッグ!直前ヤマ当て、民法記述!!

 皆さんこんにちは、行政書士講座のフラッグです

 今日のヤマ当ては、債権者代位権です

 債権者代位権ってなに?という受験生はまず調べてから解いてください。

 問題

 Bは、Aから土地を借りました。ところが、第三者のCが当該土地を不法占拠していました。

 賃貸人のAは、所有権に物づく妨害排除請求を行使しません。

 この場合、Bの取りうる法的手段について述べよ。

 
 






 解答

 Aの資力の有無にかかわらず、Bは、賃借権を被保全債権として、Aの妨害排除請求を代位行使できる。

 
<コメント>

 基本問題ですね 被保全債権が特定債権の場合には・・・

 重要な論点がありましたね 忘れないで下さいよ




 皆さんいかがでした できましたか??

 それではまたお会いしましょう。

 行政書士講座のフラッグでした。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

記述、フラッグ直前ヤマ当て!!

 皆さんこんにちは行政書士講座のフラッグです。

 今日は、記述式試験ヤマ当て 民法、時効です。

  本日も記述式ですね。

 正直、記述式のヤマを当てるのは難しいですが・・・

 問題

 Aは、Bに対して金銭を貸し付けました。その際、Cは、BのAに対する債務について、保証契約をしました。

 AのBに対する債権は、弁済期が到来してから10年が経過しました。

 この場合、AのCに対する貸金の返還請求について、Cは拒むことができるか??理由を付して答えよ。

 いかがですか??問われていること自体は超基本ですね


 答え

 「Cは、時効により直接に利益を受ける者であるので、主たる債務の時効を援用して、Aの請求を拒むことができる。」

 まぁ~~こんな感じでしょうか

 それではまたお会いしましょう。行政書士講座のフラッグでした

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

フラッグ、記述式試験、ヤマ当て!!

再度の掲載です。 


こんにちは、フラッグです 今日はヤマ当てです  民法の過去の記述式試験を見ていると、なんと総則からの出題がありません。 そこで、民法の総則から、ヤマを張ってみます

 総則で、一般的に出題頻度が高いテーマといえば、代理ですよね、そこで代理から一問

 
 子が、無断で父の土地を、父の代理人として売った後、子が死亡し、父が相続しました。この場合に、本人である父が、追認を拒絶できるかについて、以下の文章の、「  」に40字程度で埋めなさい。

 
 相続人である本人が、「        」 、被相続人の無権代理行為は一般に本人の相続によって当然に有効になるものではない。 したがって、本人は追認拒絶することができる。



 


 答え
 「 被相続人の無権代理行為の追認を拒絶しても、なんら信義則に反することはないから 」


 というわけで、有名なテーマである、無権代理と相続から出題されるのではないかとの予測の下に、ヤマを張ったしだいです 最判昭37,4,20 からの出題でした 当たるといいですね

 ではでは、皆さんがんばってください。

 
ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ



スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
スポンサーリンク
アンケート
アンケート
  • ライブドアブログ