コンサルタント業務で稼ぐのは、結構難しいと思います。

開業資金も少なく済み、そして必要なのは知識と経験ですから

ビジネスとしてはおいしいモデルではあります。

収益率が高いです。

しかし、ここ近年は、コンサルという目に見えないサービスよりも

実際に売り上げをあげる、収益をあげる、そういう目に見える結果を

求められます。

しかし、これは難しい。

ネット関連でもそうですが、稼いでいる方は、こんなビジネスモデルで成功しました

そして、そのモデルを売ります、や、セミナーします。

そんなのばっかりです。

しかし、よく考えてみてください。

彼らが稼いでいた時期は終わっているかもしれません。

しかも、地域によっては使えないビジネスモデルもあります。

特定の知識や人脈があっての成功かもしれません。

ですから、あなたがやって、成功する保証はありません。

そう考える顧客が増えたということです。

ですから、コンサルするならば、実際にあなたが当社で実践して

利益をだしてください。

そうなるわけです。

ただ、コンサルの多くは実際にかせげる方は非常に少ない印象があります。

本当に稼ぐ方はコンサルやセミナーなんてやらないもんです。

ただ、コンサル力は行政書士などの士業にはかかせない能力であると思います。

相手の状況を見極め、そして意見や思いを聞く、そのうえで冷静に判断する能力。

これは不可欠だと思います。

私的にはコンサルは商売にはせずに、実務に結び付けるための宣伝活動くらいに

考えて行動するのが良いと思います。

一流の実績のあるコンサルタントは別なんでしょうが、

そうなるには、実務をこなす以上に険しい道だと思います。