行政書士試験ブログ!合格への裏道

行政書士試験合格への裏道教えます。行政書士試験や資格予備校の裏話、問題作成の裏話、そして、過去問解説から直前ヤマ当てなど。フラッグ行政書士講座が運営してます。

一般知識

フラッグ、直前行政書士試験対策、個人情報保護法!!

 こんにちは、行政書士試験対策のフラッグです

 今日は、一般知識の、個人情報保護法についてです。

 この分野はヤマ当てというよりも確実に出題されそうな分野ですね。

 個人情報に関しては、一般知識の山場になりますから、出来るだけの得点が欲しいです。
 
 皆さんの、復習のお手伝いになるかと思い、フラッグのレジュメの一部を載せてみました。

 お役に立てば幸いです

 再確認ってことで、お読みください。

1 個人情報取扱事業者(個人情報データベース等を事業の用に供する者)が個人情報を取得するには、

・利用目的をできる限り特定せよ!(15条)

  特定したら 変更は?「相当の関連性」利用目的達成に必要な範囲を超えて取り扱わないでね!(16条)



・あらかじめ利用目的を公表せよ!(18条) 

  でなければ、取得後に速やかに本人に通知、または公表(間接取得)



・あらかじめ利用目的が公表されている場合でも

  本人から書面等で取得する場合には、原則としてあらかじめ本人に明示すべき(直接取得))


2 取得した個人情報を検索可能な形で体系的に整理した。

正確性の確保(19条))、安全管理措置(20条)、従業員(21条)・委託先(22条)の監督、第三者提供の禁止(23条)



3 開示等の権限を有する個人データで、存否が明らかになると公益が害されるもので、短期間で消去することとなるもの以外のもの(保有個人データ)

  本人の知りうる状態に置かなければならない。


 さて、2、の第三者提供の禁止についてですが、原則:あらかじめ本人の同意が必要です。

 しかし例外として、本人の求めにより原則として第三者提供を停止することとしている場合には、第三者への提供が認められていましたね。

 どうしてですか? 第三者への提供を利用目的としている、たとえば、住宅地図業者等は、商売できなくなってしまいますものね

 ところで、「 第三者 」に該当しない者(23条4項)についてなのですが、私は、個人的にいずれ出題されるのではないかと...

 具体的には、委託です。個人情報取扱業者が、データの取扱いを委託する場合に、委託を受ける者は第三者に該当しないこととされているのです。

 どうしてか分かりますか つまり企業としては、大量の個人情報について、自前でデータの打ち込みなどは、不可能なのですよ。多すぎて だから、専門の業者に委託せざるをえないわけです。そこで、「 第三者 」から除外したわけです。

 但し、委託先の監督はしなければなりません。


 

  要するに、個人データの編集等、外部委託はやむを得ない。そこで、監督責任を負わせることと引き換えに(22条)第三者から除外したというわけですね。


 ではまた フラッグ行政書士講座でした。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ








 


 


 

一般知識対策は必要ですか?

なぜかある一般知識。

専門家になるための国家資格になぜあるのでしょうか?

色々な専門家が色々なことをいっておりますが、はたして必要なのかは疑問があります。

ただ、受験生としては考えなければいけません。

どう対応するのか?

私事ですが、受験生だったころ、正直悩みました。

法令科目については、毎日の勉強により自信がありました

しかし、不安なのは一般知識、はたしてどうやったらいいもんかと・・・

で、やったことは読解問題をとくために、大学試験や高校入試などの読解問題を

といたり、漢字の書き取りをしたり、で、個人情報の問題も出ますので、関連情報を集めたり、

あとは新聞を読んだり。なんてことを繰り返しておりました。

しかし、その効果があったのかはまったく不明です。

これは正直な気持ちです。

やっぱり、これという対策はないと思います。

(これはあくまで私見ですよ)

いきなりの効果はなくても、やはり社会でおきている出来事には関心を持つしかないのでしょう。

そして、個人情報などは勉強しておく、で、足きりを何とかクリア。

あとは法令で挽回。

これが私の合格した時の作戦でした。

人それぞれ作戦は違うと思いますが、戦略的に試験にのぞんでください。

あとは、予備校で学んだ知識に絞って学習するのも手でしょうね。

正直、予備校で学習する一般知識も出るかでないかは分かりません。

出ないことが多いでしょう。

しかし、やみくもに学習しても、一般知識の範囲は無限大です。

はっきりいって、そこまでやったら無駄です。

ですから、何かに絞る。

それも、大切なことです。

効率的に考えましょう。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

フラッグ、直前行政書士試験対策 一般知識について!

 こんにちは、フラッグです。 今日は一般知識について、コメントしたいと思います。

 苦手にしている方が多いですね。そりゃそうですよね、範囲が広すぎる 

 しかし、なんとしても6問は死守しないといけません これから述べることは、われわれフラッグも、多くの会員の皆さんにアドバイスしていることです。

 具体的には、情報系の法律(ex 個人情報保護法等)で、通常3問出題されます。これを絶対にゲットすることです。

 次に、文章理解ですが、これも通常3問出題されますね。そしてこれも同様に、絶対ゲットすることです。

 文章理解の正解率を上げる勉強方法って知っていますか?? われわれフラッグでは、以下のようなアドバイスをしています。

 たとえば、今日は、20分で4問解くぞ あ~あ、1問間違ってしまった  このようなやり方は、伸びないように思います

 ではどうすればよいかといいますと、時間を決めないで解くことです。 「 本試験では時間がないのだよ」 このようにご立腹される方もいらっしゃると思います。 確かに、行政書士試験の本番では、限られた時間しかありません。

 しかし、そもそも文章理解は、知識の量の勝負ではありません。 理解力の勝負です。 自分の脳のしわを増やさないと、正解率のアップはないと思うのです。

 そこで、われわれフラッグでは、肢の、1~5すべてについて、何故バツなのか、どうしてマルなのかを、自分の中でハッキリ理由が言えるまで、正解をみないで考えてくださいと指導しています。 これを、1~3週間継続すると、力が付くと思いますよ 本試験まであとわずかですから、この時期に申し上げることではないのかとも思いますが

 ではまた、行政書士試験対策のフラッグでした。

 ブログランキングに参加しています。←この記事が良いと思いましたらクリックお願いします。





 
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
スポンサーリンク
アンケート
アンケート
  • ライブドアブログ