先日、憲法13条の公共の福祉と幸福追求権の話を書きました。

この13条は、非常に重要です。

判例も多くあります。

ですから、判例はチェックしておいてください。

判例六法に載っている判例は全て確認しても良いくらいです。

では、京都府学連事件(最判昭44、12、24)

デモ行進の際、警察官が犯罪捜査のため、写真撮影をした。

肖像権の侵害にならないか?

警察官が本人の同意なく撮影可能か?

判旨 何人もその承諾なしに、みだりにその要望、姿態を撮影されない事由を有する。これを肖像権と称するかは別として、13条により保障される。

必要性、緊急性、相当性があれば、警察官が本人の同意なく写真を撮影する行為は認められる。

本件は適法である。

キーワードは、犯罪捜査のため、必要性、緊急性、相当性がある場合ということです。

ですから、警察官が趣味で撮影したなんてのはダメ。

この辺のキーワードは確認しておいてください。

けして、結論だけ暗記しないでください。

ではまたお会いしましょう。フラッグ行政書士講座でした。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ