憲法23条です。

学問の自由はこれを保障する。

み、短いです。

でも重要です。

学問の自由は①学問研究の自由②研究発表の自由③教授の自由の3つからなります。

憲法が学問の自由を特別に記載したのには、やはり、以前は学問の自由への圧迫があったことがあげられます。

自由と学問は密接な関係があるのでしょう。

典型例としてよく記載されるのが第二次世界大戦前・・・

そうとう昔です。

天皇機関説を唱えた美濃部博士が軍部から批判を受けた、なんてのがあるようです。

これは、試験にはでませんね。

あと、学問の自由で大切なのは、大学の自治です。

明文にはありませんが、学問の自由には、大学の自治が含まれるとされています。

重要判例は、東大ポポロ事件(最判昭38,5,22)

判例は見ておいてください。

記載できるようであれば、ブログでも記載します。


ではまたお会いしましょう。フラッグ行政書士講座でした。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ