心裡留保とは簡単にいえば、冗談のことです。

難しくいえば、表意者が、表示行為に対する真意のないことを知りながらする単独の意思表示をいう(93条)

その効果ですが、心裡留保による意思表示は原則として有効です。

ただし、相手方が表意者の真意を知っていた(悪意)か、または知らないことに過失がある(有過失)場合には無効となります(93条ただし書)

冗談を気楽に言うのは恐ろしいですね・・・


それではまたお会いしましょう。行政書士講座のフラッグでした。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ