未成年者の行為についてです。

原則、未成年者が法定代理人の同意なく行った行為は取り消すことができます。(民法5条2項)

法律行為の取り消しは、未成年者が単独でもなしうる(民法120条1項)

例外、未成年者が単独でできる場合です。

①単に利益を得または義務を免れる法律行為(5条1項ただし書)

これは、単にラッキーなだけですよね。未成年者を保護する必要がありません。

債務の弁済を受ける行為は、債権の消滅という不利益を伴うので、これにあたりません。

②処分を許された財産の処分(5条3項)

③営業を許された場合の営業に関する行為(6条1項)

過去問ではこんな感じで問われます。

未成年者が単に義務を免れる法律行為を行う場合には、法定代理人の同意を要しないので、未成年者が法定代理人の同意を得ないで行った弁済は、取り消すことができない。

答え、×。

以上、基本テーマですね。

それではまたお会いしましょう。行政書士講座のフラッグでした。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ