行政書士試験まで、あと3か月ちょっとです。

さて、ここから何をするのか?

ちょっと考えてみたいと思います。

まず、初学者で頑張ってきた人は、おそらく一通りは学習していることでしょう。

過去問も何回か解いた。

で、模試でも受けようかな?

という方ですが。

模試に関しては受けた方が良いですが、出来、不出来は気にしない方がよいでしょう。

基本、模試は模試です。本試験ではあまり出ません。

でも、時間配分や慣れには重要です。

私は、時間配分そして、どの個所から解くのか?

ここを自分なりに検討してもらいたいと思います。

やり方はいろいろあります。

例えば、どの問題から始めるか?

①最初から解く。

②一般知識から解く。

③記述から解く。

後は、解き方もありますね。

①1問目から確実に回答していく

②一回目はさらっと全部目を通す

③一回目は解ける問題のみ解く

やり方はそれぞれですが、自分にあった解き方を探してください。

私の場合のやり方ですが、まず、一問目から確実に解いていくというやり方はしません。

この場合、時間配分が難しく、難問に対する時間効率が悪いんで最後まで解けない可能性もあります。

そして、多くの試験では、受験生にプレッシャーをかけるため、一問目が難問なんてケースもあります。

ですから、とりあえずざっと目を通して解いていく。

という感じですね。

しかも、肢は全部見ません。

一回目は確実に正解だと分かった時点で、その後の選択肢はパスします。

で、二回目は、正解だと分からなかった自信の無い問題をしっかり回答します。

最後、3回目に時間に合わせて、すべての肢をチェックします。

これが、私にとっての最高の取りこぼしの少ないやり方でした。

人それぞれに、解き方があります。

ぜひ、模試を研究材料に試してみてください。

今回は模試の話になりました。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ