タイトルみて、すぐ分かった受験生。

かなり、学習が進んでますね。

そう、熟慮期間の話です。

前回相続人について説明しました。

では、その相続人が実際、相続手続を考えるわけですが、

財産にはプラスの財産もあれば、マイナスの財産(債務のこと)もあります。

そこで、熟慮期間があるわけです。

この期間内であれば、相続を承認するか、放棄するかは自由です。

熟慮期間は自己にために相続開始があったことを知ったときから3カ月です。

非常に重要な期間です。

3か月間のドラマですね。

この間に、何をするのか?

あー、葬式でしょ。

たしかに・・・

あと、悲しみにくれて、3か月は静かにくらします。

では、なく。

法定相続人や、披相続人の財産調査をして、相続するかどうか検討します。

そうです。

この3カ月で大切なことを決めなければなりません。

一度決めたら、期間内でも撤回はできませんから、注意です。

①単純承認

②限定承認

③相続放棄

これは、披相続人の財産が資産よりも債務の方が多い場合重要な選択になります。

単純承認とは、披相続人の権利義務を無限に承継します。

限定承認とは、相続財産の限度で債務を弁済します。

限定承認の場合、手続が大変で、財産目録の調製して、家庭裁判所に提出、その時に限定承認の申述が必要なんです。

しかも、共同相続人が全員共同してのみできます。

非常に難しいです。

相続放棄は、相続人が相続の効果を全面的に拒否することです。

相続放棄は家庭裁判所への申述をします。

これは、相続人1人でもできます。

相続放棄は相続開始してからでないとできません。

この3か月は、本当にいろいろ調べて、検討する必要があるわけです。

当然、我々行政書士が関わることも多く、

さまざまな、ドラマが生まれるわけなんです。

ではまたお会いしましょう。行政書士講座のフラッグでした。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ