行政書士試験ブログ!合格への裏道

行政書士試験合格への裏道教えます。行政書士試験や資格予備校の裏話、問題作成の裏話、そして、過去問解説から直前ヤマ当てなど。フラッグ行政書士講座が運営してます。

行政書士試験ネット講座

フラッグ、行政書士試験対策、あるブログを読んで思うこと...

 皆さんこんにちは、フラッグです 今日は、あるブログを読んで、どうしても書きたくなりました。そのブログには、ある受験生が、平成23年度の択一式の点数と、記述の再現答案が乗っていたのです。彼は、記述式試験以外で、170点採れたそうです。 立派ですね よくがんばったと思います 私が、どうしてもブログを書きたくなったのは、その先にあるのです。

 彼は、記述式で10点取れれば合格です。そこで、記述の再現して、採点をお願いしていたのです。平成23年度の問題46についての彼の再現答案と、その後の彼のコメントが、私にスイッチを入れたのです。

 まず、問題46を簡単に再現しますね。

 本人Yの代理人として、Aは、代理権の範囲を超えて、Xから事務機器を購入した。Aに代理権があると信じていたXは、Yに対していかなる請求ができるか、請求内容を二つ記述しなさい。

 そして、彼の再現ですが、「XはYに対して、」に続けて 、(以下、彼の答案) 表見代理を主張して、代金の支払を請求できる。また、Aに対して、無権代理の責任を追及できる。

 どうですか?皆さん? 同様のことを書いた方もいらっしゃいますか?? 問題はその後なのですよ。彼はそれに続けて、どうだといわんばかりのセリフなのです。

 記述試験において、一番大切なことは、問いに答える これです。 問いはXのYに対する主張であって、無権代理人に対する主張については聞いていません。 彼はいうでしょうね。そんなことはわかっているよ。だけど思いつかなかったのだから、仕方がないじゃないか。書けることを書いたのだよ。書かないよりましだろう?

 きっとこんなセリフが返ってくるのではないでしょうか。 たぶんというか、間違いないと思いますが、試験委員は、ムッとすると思いますよ。問題文を読んでいるのかってね。 減点されるかどうか?それはわかりませんが、
「しょうちゃん?身長何センチ??」 「 50キロだよ。」 「はぁ~ 身長だよ」 「あ~B型」 ムッとしませんか(笑)

 問いに答えるというもっとも大切なことを、守らないで、しかもそれで、まぁ~いいや これはとっても危険であることを、どうしても言いたくなったという訳です。

 なんか今日は、説教がましくて申し訳ないのですが、とても大切なことなので、あえて書きました。確かに、択一式で、これよく分かんないから、いいや、適当にマークして、先に行こう これは、ありです。場合によっては、やるべきです。 しかし、記述式については、聞かれてないけど、知っているから書く これはやっちゃいけないと思いますよ。

 説教がましくなってしまったフラッグでした。では、またお会いしましょう。

 行政書士試験対策のフラッグでした。

下記①、②二つのブログランキングに頑張って参加しています、ご協力お願いします。

ブログランキングに参加しています。←この記事が良いと思いましたらクリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログ。←この記事が良いと思いましたらクリックお願いします
 

怒られました

事務局長、怒られました

やはり、自社の欠点を暴露したのが、悪印象みたいです。

そして、社内では、こんな意見が。

事務局長はテキストがないとか、問題集がないとかを欠点だというけど、2年目の既受講生は、

たいがい、なんらかのテキストや問題集をもっているんだし、あれもこれもついてて高いより

かえっていいじゃないの?

ちゃんと、板書はレジュメになってダウンロードできるんだし、

サービスが絞られていての、おてごろ価格なんだから。

あとは、激安、激安って書くな。

品がない!事務局長が激安って書くとサービスが悪いみたいでイメージが悪い!

おてごろ価格がいいんじゃないの?

事務局長はかってなこと書かないでよね

というわけです。

この発言はうちの事務員です。(ボランティアの事務員ですが、週一のお手伝いですが言うことは厳しいです、)

言われてみれば、そうも思いますし、

すみません、訂正します。

(でも、激安はつかっちゃうかもしれません、好きな言葉なんで


ところで、みなさんは行政書士に合格したら、どうしますか?

即開業ですか?それとも、他の資格でも取りますか?

(ちなみに、私は即開業しました。コネなし、経験なしで。)

どちらにしても、いずれは開業すると思いますが、やはり開業となるとどうしても営業力が必要になりますよね。

営業って本当に難しいです。

私も開業して、5年目になるわけですが、日々、営業については考えております。

そんな話を今度書きたいと思います。

このブログは一応、行政書士合格ブログなんですが、合格後についての情報も書いていきたいと思っています。

合格後のイメージを持って、勉強したほうが、力がはいると思いますし、

勉強の合間の息抜きだとでも思って読んでほしいです。



下記①、②二つのブログランキングに頑張って参加しています、ご協力お願いします。

ブログランキングに参加しています。←この記事が良いと思いましたらクリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログ。←この記事が良いと思いましたらクリックお願いします
 
にほんブログ村ランキングにも参加始めました。

行政書士試験ネット講座のフラッグ、初年度につき激安価格
24年度向け本講座申込み開始いたしました。


暴露します。フラッグネット講座の欠点

先日、当社の新価格を発表しました。

見ての通り、価格破壊の激安価格です。

現時点では初年度対応ですが・・・

お陰様で、ブログへのアクセスが大幅に増え、皆様が価格に対して関心をしめしていることを感じました。

みなさんは、フラッグの価格をみてどう思いましたか?

安くてありがたい?

それとも、怪しい?

いいかげんにしろ、なんて競合他社もいるかもしれませんね。

さまざまな意見があると思います。

まあ、激安価格の理由は、先日のブログに書いたとおりですが、

本日はフラッグネット講座の欠点を述べたいと思います。

自分で自分の欠点を公開するなんて、バカな行為ですがね。

これを見た、理事会の面々には、つるし上げられる可能性もありますね。

ただ、わたくし事務局長も日々行政書士としてお客様の相談を受ける立場の人間として

正直にお伝えしたいのです。

で、何が欠点か?

やはり、一番の欠点は知名度の無さでしょうね。これは致命的です。

他の大手企業は莫大な広告費をかけ、知名度アップを図っております(その分商品の価格アップにはなるでしょうが)

そして、知名度=信頼度という図式になります。

実際は違うんですが、一般の方はそうみられるわけです。

ですが、よく考えてください。

みなさんは法律家になるわけですから、冷静に論理的に物事を考えなければいけません。

知名度=信頼度ということになれば、有名な会社は間違いがないということになります。
(有名な会社は間違いがない可能性は高いのは事実ですが)

でも、過去の例では100パーセントあてはまるとはいえないと思います。

大手企業の不祥事なんてのもありますし・・・

また、よく考えてください。サービスの良し悪しに有名か無名かは実は関係ありません。

ですから、これから法律家になるみなさんには、冷静に判断して欲しいのです。

フラッグのネット講座がどの程度のサービスなのか。

そのための判断材料は提供していると思います。

たとえば、ホームページにある無料動画、そしてブログの内容など。

受験生一人一人がそれらの情報を判断して、他の選択肢を選ぶのは、それでいいと思います。

こういうことは、好き嫌いもありますし、合う合わないもありますし・・・

(私個人としては、自信ありますけどね、当社のサービスは良いと)

あと、欠点は、独自の模試がない、独自の問題集もない、などありますが、少しずつ対応していきたいと思います。

・・・こんなことをブログに書いてよかったのでしょうか?

怒られそうなので、もうやめときます。

フラッグネット講座の良いところも今度書かせてください。

暴走気味の事務局長。

理事長、怒っているんじゃないでしょうか?

下記①、②二つのブログランキングに頑張って参加しています、ご協力お願いします。

ブログランキングに参加しています。←この記事が良いと思いましたらクリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログ。←この記事が良いと思いましたらクリックお願いします
 
にほんブログ村ランキングにも参加始めました。

行政書士試験ネット講座のフラッグ、初年度につき激安価格
24年度向け本講座申込み開始いたしました。

スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
スポンサーリンク
アンケート
アンケート
  • ライブドアブログ