行政書士試験ブログ!合格への裏道

行政書士試験合格への裏道教えます。行政書士試験や資格予備校の裏話、問題作成の裏話、そして、過去問解説から直前ヤマ当てなど。フラッグ行政書士講座が運営してます。

行政書士講座

3月になって

フラッグ行政書士講座も今年は大幅に充実してきています。

何といっても、コンテンツが充実してきていますし、

今後の基盤が出来てきたと思います。

コンテンツといえば、会員向けの基礎講座もそうですが、

ホームページ掲載の無料コンテンツが増えている。



会員さんによっては、毎月、少しずつ安くなるので、

もう少し、先に・・・

と思っているうちに、遅くなりました。

なんて方も多いです。

でも、みなさんに与えられた時間には限りがあります。

ですから、少しでも、早く申し込んだ方が得です。

1カ月早く申し込んだら、その分、多く動画で学習してください。

それで、もとが取れます。

フラッグ行政書士講座はやる気のある方の申し込みをまっています。

最近はランキングをあまり、気にしていませんが、

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

更新は今月までですよ。

フラッグ行政書士講座24年度会員さん、

更新手続は2月末までとなっています。

本当にもう、数日しかないです。

いそいでください。

無理にとはいいませんが、

この、講座が1万円で更新なんて

通常ありえませんから。

大手に引けをとらない

いや。

大手より良いと思っている

本格派の講座です。

問題集や参考書かっても1万くらいすぐです。

やる気があるなら、更新しない手はないです。

結構、控えめな受講者が多いですが、

積極的に活用しているかたもいます。

そういうかたは、合格一直線です。


本気の提案でした。

フラッグ行政書士講座。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

昨日はありがとう。

昨日は多くのアクセスありがとうございます。

合格された方も残念だった方もいらっしゃると思いますが、

それぞれ、明日に向かい頑張りましょう。

でも、すぐには気持ちの整理がつかないでしょうね。

しばらく考えないというかたもいるでしょうが、

私は、今からでも戦略を考えるべきだとおもっています。

時間がもったいないです。

合格した方は開業するのか?

早めに決めた方がよいです。

開業するには準備がいります。

不合格の方は

今日から何を勉強するのか?

1年間のスケジュールを決めた方がよいです。

どこの学校で勉強するのか?

早く決め、スタートしたほうが良いです。

頑張りましょう。

頑張れば合格できる、

そう思います。

今日は、午後にもブログ更新します。

それではまたお会いしましょう。フラッグ行政書士講座でした。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

講座選びはチョー重要

講座選びは重要、これは間違いないです。

ですが、その前提で、独学か、講座かはもっと重要だと思います。

独学の場合は、市販のテキストや問題集で学習しますが、

テキストは、簡単なことしか書いていない行政書士試験用の書籍。

または、学者の書いた学術書や基本書になるでしょう。

この二つは両極端なんですね。

テキストの書籍は簡単すぎる・・・

学術書は難しすぎる、そしてページが多く消化できない。

学術書で学習したら民法だけでも1年はかかるでしょうから、効率が悪い。

そこで、テキストにもどっちゃうわけですが、

何と中身の薄いことか。。。

初学者向けに作成しているのでしょう。

多くは予備校さんが出版してますが、

書籍で簡単に学んで、分からなければ講座受けてね。

ということなんでしょうね。

そこまでして、独学にこだわる理由はなんでしょうか?

100人に聞きました。

多くは、費用をかけたくない。

多くは、仕事があるから予備校に通えない。

こんなところでしょう。

つまり、費用が安く、自宅で学習できるのが顧客志向のあっている。

そう思うんです。

みなさん、分かりますよね。

私の言いたい事。

宣伝になっちゃうといやらしいですが、

本気で思っています。

あとは、安いんだから、粗悪品じゃないの?

という考えを覆すこと。

これが、結構難しい・・・

ですが、少しずつ実績を作っていきたいと思います。

閲覧者が多い、今こそ言っておきたかったんで。

ごめんなさい。

それではまたお会いしましょう。フラッグ行政書士講座でした。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ

開業して生き抜く方法

みなさんは合格したら開業ですか?

悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

開業して、生き抜く方法は

ズバリ

無駄遣いをしないことです。

少し仕事が増えると、高級外車を買ってみたり、キャバクラなんかにいったり

そんな経営者が多いです。

もとから、そんな生活をしたくて事業を始める方も多いのも確かなんで

最初は仕方のないことかもしれませんが、

人間、良いことばかりではありませんから、

良い時には蓄えておく、必要なものだけ吟味して使う

そんな考えが大切ではないでしょうか?

最近、いろんな経営者を見ていて思います。

経営者は大変です。

行政書士等の資格開業者も同じです。

そして、最近知人と話していて、医者も大変だという話をききました。

楽な商売はないのでしょう。

本日は雑談から入りましたが、

錯誤について、

第三者から無効が主張できるケースです。

事案 Aは、Yから有名画家の本物の油絵を買い受け、その後、Xも本物と信じAから購入した。しかし、それは偽物であった。そこで、XはAに対する代金返還請求権を保全するためにAの錯誤無効を主張して、AのYに対する代金返還請求権を代位行使した。Aも意思表示に錯誤があったことを認めていた

争点 第三者が錯誤無効を主張できるのは、どのような時か?

判旨 原則として、第三者が錯誤無効を主張することは許されないが、当該第三者が表意者に対する債権を保全するために必要がある場合において、表意者が意思表示の錯誤を認めているときは、表意者みずからは当該意思表示の無効を主張する意思がなくても、第三者たる債権者は表意者の意思表示の錯誤による無効を主張することが許される。

最判昭45,3,26


また、錯誤に関しては、どのような場合に要素の錯誤となるのかが問題にあります。

判例をチェックしておきましょう。

それではまたお会いしましょう。行政書士講座のフラッグでした。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
スポンサーリンク
アンケート
アンケート
  • ライブドアブログ