はい、勘違いのことです。

難しく説明しますと、表意者の意思と表示に不一致があるが、表意者がそのことを知らない場合のこと。

うーん、なんだかな?って感じですよね。

難しく覚えても、簡単に覚えても、正解できればよいわけですから。

勘違いってことでいいんではないでしょうか?

ただし、要件があります。
①法律行為の要素に錯誤があること(95条本文)

法律行為の重要な部分に錯誤があり、この部分の錯誤がなければ、表意者のみならず、一般人もその意思表示をしなかったであろう場合のこと。


②表意者に重大な過失がないこと(95条ただし書き)

重大な過失とは、普通に期待される注意を著しく欠くことである。

そして、効果です。

錯誤に基づく意思表示は無効です。

そして、だれがその主張をできるのか?

原則は表意者のみとなります。(相手方や第三者からの無効主張はできません)

ただし、例外ですが、第三者から無効主張できる場合があります。

判例を紹介しますが、次回・・・ということで。

それではまたお会いしましょう。行政書士講座のフラッグでした。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ