問題50の犬税ですが・・・

みなさんも、何?この問題と思いましたよね。

でも、まったくの意味不明問題でもないのです。

日本行政書士連合会が以前?今もかな?ADRを推進しておりまして

そのADRのテーマとして、ペット法務があげられています。

これは、どうも聞いた話では、日弁連との話し合いで決まったようなんですが

行政書士連合会のお偉い先生がペット法務が得意というのも関係しているとかいないとか・・・

そんな噂を聞きました。

で、そこから問題作成してるの?

おそらく、行政書士試験は実務とは関係ない試験だとの批判をかわすために

試行錯誤していると思われる。

問題文にも気が付くでしょ?

建築確認やら産廃がどうたらこうたらとか、何とか実務っぽくしようとしている。

そんな意図がみれるんですね。

ちなみにADRの推進テーマは、ペットの他、敷金問題と自転車事故、外国人だったと思います。

でも、各地方の行政書士会は反発して独自のテーマで進めているところが多いそうです。

ちなみに、私はあまりADRには興味なし。

行政書士は許認可メインだと考える派なんで。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 資格ブログ